NIPTについての情報が満載

こちらのサイトは、新型出生前診断であるNIPTに関する情報を提供しています。
受けることで何につながるのか、いつ診断を行うのか、どのくらいの人が利用しているのか、悩んでいるなら相談すべきなのかといったことに関して記事がまとめられています。
妊婦が知っておきたい情報をまとめているので、知識を深めたい人におすすめです。
また、妊婦でなくても知識として頭に入れておきたい方にも、コンパクトにまとまっているので読みやすいです。

NIPTを受けることは何につながる?

NIPTを受けることは何につながる? NIPTは母体の血液を採取して、胎児の染色体疾患の有無を調べる検査です。
そのため、受けることは将来生まれる赤ちゃんの遺伝疾患がないかを判断するのにつながります。
NIPTは非侵襲的な検査なので負担も少なく、精度もそこそこ高いという利点がありますが、確定診断ではありません。
陽性が出た場合は確定診断を受けて調べる必要があります。
逆に陰性が出た場合は確定ではないにせよ、従来の非確定診断よりは精度が高いので、ある程度信頼することが可能です。
もちろん、確定ではないので医師と相談してどうするんかは決める必要があります。
十分な遺伝カウンセリングを受けないといけないので、受ける場合は認定・登録された施設で検査を受けてください。

検討するのはどんな人?NIPTを受ける人について

検討するのはどんな人?NIPTを受ける人について NIPTとは直訳すると非侵襲的出生前検査となりますが、簡単にいうと妊娠して生まれる前に母親の血液を採って赤ちゃんの染色体や遺伝子を調べる検査です。
妊娠して新しい生命を授かるということは、どんな人にとっても嬉しいことです。
しかし、ごくまれに染色体疾患といわれるダウン症候群やエドワード症候群、パトー症候群といった子どもが生まれてきます。
子どもが生まれてくる前に、このような疾患の可能性があるかを調べる検査がNIPTです。
この検査を検討したり受けたりする人は染色体疾患を持つ赤ちゃんを出産したことがある妊婦や、35歳以上の高齢出産の妊婦です。
なぜ高齢出産の妊婦かというと、例えば、ダウン症候群の赤ちゃんを妊娠する可能性は20代では1000分の1以下に対して、35歳になると280から300分の1まで確率が上がってしまいます。
40歳ともなると80から100分の1にまでダウン症候群児を授かる可能性が上がるのです。
しかし、確率が上がるといっても90%以上は正常に生まれてきます。
20代の妊婦より確率がグンと上がることによって、高齢出産に臨む多くの妊婦が心配になりNIPTを受けたり検討したりすると考えられています。
注意することは、NIPTは確定検査ではないということです。
検査結果を確定するためには、確定検査の羊水検査や絨毛検査を受ける必要があります。
この2つの検査は、NIPT検査に比べて胎児そのものを失うリスクが高まります。

NIPTにかかる費用はいくらぐらいなのか

胎児の様子を知るために出生前診断がありますが、この出生前診断は保険が適応されず、自由診療となります。
そのため検査費用はすべて実費です。
出生前診断には様々なものがあり、多くの人が行っているNIPTでは病院によって異なるものの8万から20万円程度となっており、母体の血液を採取しその血液から胎児の情報を得るようになります。
NIPTは新型出生前診断と呼ばれ精度は99%と大変高い検査です。
さらに他の検査方法に比べると診断される染色体数も多く、少量の血液で様々なことが判明します。
20万円ほどと高いのは調べられる染色体数が多い、羊水を調べる確定検査やカウンセリングの費用が含まれていることがあるためです。
医療機関での価格の幅があるので、どのようなことが金額に含まれているのかを事前に把握しなくてはなりません。
ですがNIPTによって陽性反応が出た場合は様々なことに対応してもらえるので、安心して受けることができます。

NIPTはすべての病院や医師によって受けられるのではない

NIPTはすべての病院や医師によって受けられるわけではなく、一般的に日本産婦人科学会が定めた産婦人科で行うことができます。
NIPTは少なくとも3回は通院しなくてはならず、1回目に検査をすぐに受けられるわけではありません。
これは胎児の遺伝に関わることであるので、陽性と出た場合にどのような判断をするのかなど胎児の生命に関わることを決めなくてはならないからです。
そのため多くの医師は遺伝カウンセリングとNIPT検査の説明を行い、安心して検査ができるように配慮しています。
その後2回目で母体から採血を行い、採血から2週間ほど経つと3回目の受診となります。
この3回目の受診では結果と遺伝カウンセリングを行い、陽性である場合はさらに確定することができる羊水検査の説明を受けるようになります。
NIPTは採血のみでよいため流産などのリスクはほぼありません。
ですが倫理問題が絡んでいるため定められた医療機関によって行うことが大切になってきます。

検査前に知っておきたいNIPTの精度について

NIPTの検査精度について知りたいという方は非常に多いかと思いますが、NIPTの検査精度は感度・特異度・陽性的中率・陰性的中率の4つの指標で測られます。
感度とは、胎児に染色体異常がある場合に正しく陽性という結果が出る割合のことを指します。
特異度は、感度の逆で胎児に染色体異常がない場合に正しく陰性という結果がでる割合のことです。
NIPTの感度と特異度は、いずれも99%とされています。
また、陽性的中率は、検査結果が陽性となった方の中に染色体異常がある方がどれだけ含まれているのかを示した指標です。
陰性的中率は、検査結果が陰性となった方の中に染色体異常がない方がどれだけいるのかを表しています。
なお、NIPTの陰性的中率は99.99%を誇りますが、陽性的中率は対象疾患や母親の年齢によって異なります。
例えば、ダウン症候群の場合、母親の年齢が45歳の場合は98.5%、40歳の場合は93.7%、35歳の場合は80.0%、30歳の場合は61.3%となっています。

NIPTと超音波検査は組み合わせるのが有効

新型出生前診断のことをNIPTと言いますが、これは母親の母体から採血を行ってこの検査をすることにより、胎児のダウン症などの染色体異常を調べます。
このNIPTをする際には超音波検査と組み合わせるようにするとより有効です。
超音波検査は、母体の腹部にゼリーのようなクリームを塗った機械をあてることにって、お腹の赤ちゃんの様子が画像つきでわかるという仕組みです。
特別な検査をするというわけではなく、通常の妊婦検診においても妊婦は全員が行っています。
お腹の赤ちゃんの発育の様子がわかるほか、胎児の異常なども分かるようになっています。
NIPT検査と併用して行うクリニックは多く、検査を行う時の安全性・信頼性はともに高いです。
NIPTで検出できるのは、21トリソミー症候群(ダウン症)・18トリソミー症候群・13トリソミー症候群の数的異常症のみです。
お腹の胎児の異常には様々なものがありますので、幅広く異常を事前に察知するためにはほかのこうした検査の組み合わせがとても有効といえます。

NIPTのリスクはあるのかどうかについて

NIPTとは、新型出生前診断のことで、お腹にいる赤ちゃんの染色体異常を調べる検査のことで比較的新しい検査です。
妊娠10週からいつでも施行可能で診断ではなくて、スクリーニング検査と考えられているので、羊水検査や絨毛検査のような確定検査ではありません。
NIPTは、妊婦さんの腕から血液を採取して検査するので、羊水検査や絨毛検査のようにお腹の皮膚から子宮に長い注射針を刺して、子宮内の羊水を採取する従来の方法と比較して流産や早産するリスクが低いことが特徴です。
妊娠の早い時期に母子に負担をかけずに行えるうえでに、指定の染色体異常のほかにも幅広い先天性異常の可能性についても質ことができます。
しかし、検査で陽性になった場合は、確定診断のために確定検査を行う必要があり、その際は詳しく調べるので母子にかかる負担が大きくなるりますが、あくまで任意なのでご両親の意思によって行われます。
NIPTのメリットやデメリット、リスクなどを事前にしっかりと把握したうえで、行うべきかどうかを考えることをおすすめします。

NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか

妊娠している方は、胎児がしっかり成長しているか、病気を持っていないか不安に感じていると思われます。
元気な赤ちゃんが生まれて欲しいと思うのは当たり前です。
そこで、最近NIPTを受ける人が増加しています。
この検査では母親の血液から胎児の染色体異常を調べることができます。染色体異常が見つかった場合は、ダウン症の赤ちゃんが生まれてくる可能性がかなり高いです。
NIPTの人気が増している背景は、健康な赤ちゃんなのか把握しておきたいと考えるようになったことが挙げられます。
妊娠中に胎児の健康状態を把握する目的であれば問題ないですが、命を選別する目的で受けるのは評価できません。
陽性判定を受けたからといって、簡単に中絶を選択してしまうケースが少なくないです。
ダウン症の胎児も必死に誕生しようとしていますし、多くの人が成長して一人で生きられるようになるので、ダウン症に対してネガティブなイメージを持つべきではないです。

NIPTは公的保険の給付対象になりません

NIPT(新型出生前診断)は、30代後半以降の妊娠など特定の染色体異常の可能性が類型的に高いと認められる場合に、特定の疾患の可能性を判定する検査のことです。
従来の染色体異常を調べる検査には羊水採取などのように流産のリスクが高いモノがあり、気軽に受けることが出来ないのが欠点でした。
この点NIPTは被験者の血液を消臭採取するだけで、ダウン症など数種類の遺伝病リスクをかなり正確に調べることが出来ます。
安全性が高いだけでなく、からだへの負担が小さいこともあって実施する施設は増加しています。
とりわけ結婚年齢の高齢化により、30代後半以降で初産を迎える方も珍しくなくなりました。
そのような社会情勢の変化もあり、NIPTの需要は間違いなく増加を見せています。
ただし健康保険などの公的保険の給付対象にはなっていないので、自己負担全額になります。
それというのも現在疾患にかかっているわけではなく、将来生まれてくる子どもの病気リスクを予想することを趣旨としているからです。

NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう

NIPT(=Non-Invastive Prenatal genetic Test:非侵襲的出生前遺伝学的検査)は、妊婦さんの血液から、お腹にいる赤ちゃんの先天的な染色体異常による疾患を知るための検査です。
母体血胎児染色体検査とも呼ばれています。
NIPTは染色体異常のなかでも13トリソミー(パトウ症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、21トリソミー(ダウン症候群)の可能性を知ることができます。
検査結果は次の3つに分けられます。
・陰性…赤ちゃんが染色体異常を持っている可能性が低い
・陽性…染色体異常を持っている可能性が高い
・判定保留…採血した血液中に、赤ちゃんのDNAが足りない等の原因により結果が出なかった
採取した血液を検査にかけるため、判定が出るまで1〜2週間程度かかります。
NIPTにおける検査の感度は非常に高く、疾患を見逃す可能性がかなり低い検査であるため、精度の高い検査となっています。
そのためNIPTが陽性の場合には羊水検査や絨毛検査といった確定診断を行う必要があります。
また、判定保留では再検査をすることができます。

NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

NIPT検査とは、非常に大事案検査であるのは言うまでもありません。
妊婦さんに対し、胎児があらゆる病気の可能性はないか出産前に検査することができるんです。
特にダウン症やエドワーズ症候群、バトウ症候群といった疾患の有無を検査するのにたけたものです。
NIPT検査を受ければ、赤ちゃんのそしてお母さんの人生の選択肢が増えることに他なりません。
ただし、この検査はどこのクリニックで受けてもいい問うものでもないのです。
それは精度に問題が見られることもあるからです。
きちんと出生前に検査したにも関わらず、実際に生まれてみたらダウン症であったといったことも珍しくありません。
こうなってしまうと赤ちゃんとお母さんの人生の方向性も大きく変わってきてしまうんです。
このようなことにならないためには、NIPT検査に実績と経験が豊富なクリニックを探し検査を受けることが何よりも大事です。
どこが信頼のおけるクリニックかわからない時は口コミサイトを参考にするのも良いです。

もっとNIPTを知りたい

NIPT 愛知

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> NIPTのリスクはあるのかどうかについて
> NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか
> NIPTは公的保険の給付対象になりません
> NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう
> NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

◎2021/1/28

NIPT検査のスケジュール
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受けるかを相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTを受ける方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 血液」
に関連するツイート
Twitter

今日の午後からNIPTの検査。夫と2人で遺伝カウンセリング受けてから血液検査。お腹の子を信じて頑張るしかない。頑張れ自分。

NIPTって赤ちゃんに針を刺すわけじゃなくてお母さんが血液検査するだけですよねー??あってますか??

返信先:他2外から失礼しますね。確かに現代では、妊婦の血液から染色体異常のリスクを評価する出生前スクリーニング検査=NIPT(Non-Invasive Prenatal Testing )が、9週程度から検査可能な医療機関があり、この検査で性染色体を調べると赤ちゃんの性別も判ります。18年前ではまず無理でしょう。

13w6d niptの検査と事前のエコー実施のため、夫婦で通院。 事前のエコーでは14w6d相当、特別な所見はなしとのこと。 そしてまさかの性別判明。男の子でした。 その後niptの説明を改めて受け、血液検査。 エコーから会計まで所要時間は2.5時間ほど。会計5万4千円也。 結果説明の受診は10日後。

13w6d NIPT血液検査にいざ出陣🐚 双子だと血中の胎児由来量多くないと再検査になるから早すぎずしかし羊水検査の事も考えて遅すぎない日という事で今日。 悪阻で🐸がせりあがってくる感あって恐怖、なんとかもってくれ😩