NIPTについての情報が満載

NIPTを受ける人の割合

NIPTを受ける人の割合 1998年から2016年にかけて日本国内でNIPTを含む出生前診断を受ける人の割合は、出生数約97.7万件に中のおよそ7.2%を占めていました。
高齢の妊婦約27.8万人におけるNIPTなどを受ける人の割合はおよそ25.1%を占めています。
確定的検査である羊水検査の件数は1998年に10419件となり、その後は増加傾向を示していました。
しかし2014年の20700件を境として減少傾向に転じ、2016年には18600件になっています。
羊水検査の件数が減っているのは、2013年から始まった新型出生前診断であるNIPTの件数が増加している影響によるものとされます。
NIPTの導入によって、流産のリスクを伴う確定的な検査数を減らすという日本の医学界の目標が達成されつつあります。
新型出生前診断は2011年にアメリカで開発されましたが、現在は日本やヨーロッパ諸国などでも行われています。
日本では臨床研究から一般診療に移行すると発表されましたが、しばらくは保険診療の対象外の状態が続くと考えられており費用は全額自己負担です。

NIPTを受ける場合には陰性と陽性の確率の違いに注意が必要になる

NIPTを受ける場合には陰性と陽性の確率の違いに注意が必要になる NIPTは、赤ちゃんが出産される前にどういった健康状態にあるのかを事前に調べることができる検査です。
一般的には、DNAや細胞レベルで状態を調べて検査を行っていくことになります。
ただ、NIPTを受けるときには注意点が1つ存在します。
それは、陰性率と陽性率でその確率が若干異なっているという点です。
そもそも、NIPTは確定的検査ではありません。
確定的検査というのは、その検査を行うことによって確実に胎児の健康状態を把握することができるものです。
例えば、この検査を受けて陽性であった場合には、胎児に何らかの問題が生じている可能性が高くなります。
一方で、NIPTの場合は不確定的検査であるため陽性だという判断が出たとしても、それで決定的に胎児に何らかの問題が生じているとは断定できない状況です。
陰性であった場合には問題ないと判断できますが、陽性の場合はそこからさらに確定的検査を受けなくてはいけませんので、この違いは非常に重要です。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> NIPTのリスクはあるのかどうかについて
> NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか
> NIPTは公的保険の給付対象になりません
> NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう
> NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

◎2021/1/28

NIPT検査のスケジュール
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受けるかを相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTを受ける方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 診断」
に関連するツイート
Twitter

本来、子どもの遺伝子情報は究極のプライバシーとされ、その結果には遺伝カウンセリングといって専門家による情報提供と質疑が必須。それをやってみませんか的な軽い感じで専門職が推奨するのは、自由診療クリニックがNIPTなどの出生前診断を推奨して結果放置、丸投げの話と通じるものがある

妊娠中 私「相談なんやけど、NIPT受けた方がいいと思う…?」 夫「ん?性格診断のやつ?」 私「それはMBTIな」 誰が16タイプ性格診断するのに許可とるねん

【トリソミー】 23対の染色体のうち1対が1本多い3本となる状態 ダウン症候群 21トリソミー エドワーズ症候群 18トリソミー パトウ症候群 13トリソミー NIPT(新型出生前診断) 妊婦の血液中遺伝子を解析して胎児の染色体や遺伝子を調べる検査

出生前診断の動画一緒に見たら、 NIPTは高齢&今までに該当トリソミーの妊娠出産したことある人が対象っていうのを見て、 夫がNIPTじゃなくてクアトロかコンバインドで良いんじゃないかって言い始めてる。 確率で出ると迷うし、白黒ハッキリ付けるために私はNIPTがやりたいのに😒

【新型出生前診断NIPT)を受ける際に重視した点】 ■通いやすさ(提携クリニックの多さ) →妊娠初期に遠い場所は行きにくい ■実績やカウンセリングの充実度 →安心感に繋がる ■検査費用(羊水検査費用など) →万が一陽性だったときも想定 いずれは医療費控除の対象とかになるといいんですが😅