NIPTについての情報が満載

NIPTを受ける時期

NIPTを受ける時期 NIPTを受ける時期は、従来までの羊水検査と比較しても早い傾向があります。
早期の判断ができるようになりますので、それだけ母体の負担を減らすことができます。
羊水検査では、一般的に14週から15週程度の期間が必要でした。
一方で、NIPTの場合は10週以降の検査になっており、約1ヶ月程度はそれまでと比較しても早く調べることが可能です。
10週程度の期間が必要になっているのは、この検査が妊婦の血液を採取することになるからです。
直接的に胎児から採取するのではなく、妊婦のDNAの情報を調べてそこから胎児の染色体を調べていくという方法をとっています。
そのため、早く検査をしすぎてしまうとDNAの情報解析を十分に行うことができず、上手く評価できなくなる可能性も存在します。
実際に、NIPTでは陽性と陰性の他に判定保留という診断が下されることもあります。
つまり、適切な時期でNIPTを行わなくてはいけないということです。

NIPTを受ける人の割合

NIPTを受ける人の割合 NIPTは、出生前診断の1つで胎児の状態を客観的な観点から判断できるものです。
胎児の現状の状態を遺伝子レベルから確認できますので、健康面などに何らかの問題が存在するケースでは、その判断を確実性の高い割合で判断できます。
ただ、NIPTではその検査を受けるタイミングも非常に重要になります。
これは、NIPTが妊婦の血液を検査するからです。
なぜ血液を検査することで胎児の状態が分かるのかというと、妊婦の血液の中には胎児のDNAの断片が含まれているからに他なりません。
この場合、検査で結果を判断できるだけの血液の状態にするためには、胎児の成長が不可欠になりますので一定の期間が必要になります。
この期間は、一般的に妊娠してから10週程度であると考えられています。
仮に、検査を行って判断が難しい場合には判定保留になり、その後にもう一度検査を受けるかどうかを考えなくてはいけません。
ですから、タイミングをよく考えて相談することが大切です。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> NIPTのリスクはあるのかどうかについて
> NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか
> NIPTは公的保険の給付対象になりません
> NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう
> NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

◎2021/1/28

NIPT検査のスケジュール
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受けるかを相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTを受ける方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 羊水」
に関連するツイート
Twitter

返信先:羊水検査をしました。 (PGT-AやNIPTは胎盤側の検査で、羊水検査は胎児側の細胞の検査なので相違がある可能性もあるみたいです) 私のような子宮内より胚側に問題があるならお金はかかりますがPGT-Aが1番近道だと思います。 参考になれば😌

認可施設でNIPT受けてきた。お医者さんと相談して胎児ドックはなし。何となく緊張してたのか帰宅してからお腹壊しちゃったw 結果は約2週間後。そして事前調査不足だったんだけど、NIPT代に羊水検査代も含まれてるって聞いて予定より少なく済んで安心。 なまらいい先生だった。

医療全般そうかもしれないけど、妊娠は母親の不安や負担が大きい割に、検診が1ヶ月ごとだったり、結果が出るのが遅かったり、寄り添う気持ちが薄い気がする。NIPTだって陽性なら羊水検査まで待たされた上で、結果出たら即おろすか決めろって流石に酷では。これも女性の地位が関係してるのかな。邪推?

NIPTのカウンセリングしてもらって、いろんな検査があること。夫婦で陽性やった場合どうするかを決めて受けること。費用面など説明してもらった。それまでに夫婦でどうするか話し合う。 超音波検査マーカー検査、クワトロ検査、NIPTがあってそこで疑いがあれば羊水検査に進む方が多いみたいでした。

結果は1~2週間との事だったが土日挟んで6日目に連絡→来院必須で結果を聞く 陽性だった場合は羊水検査必須、その場合の費用は無料 という感じでした。 私の地域の場合、認可施設は普通にLCでした!NIPTで検索魔になってたから気になっている方のお役に立てれば...!