NIPTについての情報が満載

NIPTを受ける時期

NIPTを受ける時期 NIPTを受ける時期は、従来までの羊水検査と比較しても早い傾向があります。
早期の判断ができるようになりますので、それだけ母体の負担を減らすことができます。
羊水検査では、一般的に14週から15週程度の期間が必要でした。
一方で、NIPTの場合は10週以降の検査になっており、約1ヶ月程度はそれまでと比較しても早く調べることが可能です。
10週程度の期間が必要になっているのは、この検査が妊婦の血液を採取することになるからです。
直接的に胎児から採取するのではなく、妊婦のDNAの情報を調べてそこから胎児の染色体を調べていくという方法をとっています。
そのため、早く検査をしすぎてしまうとDNAの情報解析を十分に行うことができず、上手く評価できなくなる可能性も存在します。
実際に、NIPTでは陽性と陰性の他に判定保留という診断が下されることもあります。
つまり、適切な時期でNIPTを行わなくてはいけないということです。

NIPTを受ける人の割合

NIPTを受ける人の割合 NIPTは、出生前診断の1つで胎児の状態を客観的な観点から判断できるものです。
胎児の現状の状態を遺伝子レベルから確認できますので、健康面などに何らかの問題が存在するケースでは、その判断を確実性の高い割合で判断できます。
ただ、NIPTではその検査を受けるタイミングも非常に重要になります。
これは、NIPTが妊婦の血液を検査するからです。
なぜ血液を検査することで胎児の状態が分かるのかというと、妊婦の血液の中には胎児のDNAの断片が含まれているからに他なりません。
この場合、検査で結果を判断できるだけの血液の状態にするためには、胎児の成長が不可欠になりますので一定の期間が必要になります。
この期間は、一般的に妊娠してから10週程度であると考えられています。
仮に、検査を行って判断が難しい場合には判定保留になり、その後にもう一度検査を受けるかどうかを考えなくてはいけません。
ですから、タイミングをよく考えて相談することが大切です。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> NIPTのリスクはあるのかどうかについて
> NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか
> NIPTは公的保険の給付対象になりません
> NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう
> NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

◎2021/1/28

NIPT検査のスケジュール
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受けるかを相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTを受ける方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 羊水」
に関連するツイート
Twitter

通いやすさ、綺麗さ、設備を優先し 今回は大学病院としました🏥 nipt羊水検査など 自から聞いてることに気づき 胎児スクリーニングの質問をしたところ。 問題がない場合は、案内がないとのこと🤔 しかも混んでて予約して9月になると🥲 産婦人科専門じゃないので 情報収集は自らしないとですね🥸💦

年齢的にNIPTやって、ダウン症だったら堕胎するって決めてやったつもりだったけど… いざダウン症でした、 羊水検査までして確定したとしても諦められたかな…って旦那と話してた。 自信無くなっちゃうよね。 分かる病気も結局限りがあるし、健康で産まれてくる事って本当に奇跡だなー😭

検診終了☑️不妊🏥と違ってWi-Fiないから待ち時間長くて疲れる…😖 異常なさそうで良かった😌NIPTはやってないから羊水検査の予約してきた🐏💦針を刺すことも検査結果も全部心配だけど乗り越えないとね😥

返信先:いや、超音波所見が多々あるなら、絨毛検査で確認で良いと思います。羊水の方が低侵襲ということはありません。NIPT 採血した後、結果が出る前に超音波でいろいろ見つかったのでしょうか? カルテに「多発性奇形」と書くなんて、センスないというか、言葉の選択が雑だと感じますね。

双子ちゃんって めちゃくちゃ憧れる… でも、いろいろリスクもあるし 二卵性だったらNIPT羊水検査で 陽性になった時 どーしようとか思うとめちゃくちゃ怖いよね。 なんて 起きてもいない心配をしてしまう笑 とりあえず🧚‍♂️はよー!!