NIPT検査のスケジュール

NIPT検査のスケジュール

NIPT検査のスケジュール NIPTは新型出生前診断と言って、お腹の中にいる赤ちゃんに染色体疾患の有無があるかを調べる検査です。こちらは従来の非確定的検査や羊水検査よりも早く診断出来ることから、近年多くの妊婦さんが利用しています。では実際にその検査はいつごろから受けることが可能なのか、スケジュールについて詳しく見ていきましょう。
まず、この検査自体は妊娠10~16週の間で行うことが可能です。妊婦さんから採血した血液を検査に出すのですが、すぐに結果が分かる訳ではありません。病院の医療体制にもよりますが、結果が出るのはだいたい5?10日程かかると思っておきましょう。NIPTはその他の非確定的診断検査と比べて的中率が高いことでも知られており、結果に信頼性がある点が特徴です。結果に信頼性はあるのですが確率で表示される検査であるため、NIPTは非確定的検査の分類に入ります。そのため確定診断を受ける方は、妊娠15週から出来る羊水検査を行う必要があります。

なぜNIPTに年齢制限があるのか

なぜNIPTに年齢制限があるのか NIPT(新型出生前診断)とは、母体の血液を少量採取することで21トリソミー(ダウン症)を初めとする胎児に発声する可能性の或る染色体異常の有無を確認する検査のことです。NIPTを受けることで出産前に染色体上の有無を確認できるので、安心して出産に向かい合うことができるというメリットがあります。反対に養成結果が出た場合でも、出産後の療育方法を検討する時間を得ることができたり、生涯に対する理解を深めたり家族計画に真剣に向き合える、というメリットも実感できます。
しかし誰もがNIPTを受信できるわけではなく、母体の年齢が35歳以上という年齢制限が設定されています。理由として考えられるのは、ダウン症を初めとした検査対象の染色体異常は加齢により発症リスクが高くなる疫学的傾向があるからです。30歳でのダウン症発生率は0.16%とされていますが、35歳では0.4%、40歳では1.47%と明らかに高齢になるにしたがって確率が上昇します。つまり発症リスクの高い年齢に絞って、検査をすることに合理性があるというわけです。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> NIPTのリスクはあるのかどうかについて
> NIPTを受ける人が多くなっている背景は何なのか
> NIPTは公的保険の給付対象になりません
> NIPT(新型出生前診断)の結果について詳しく知ろう
> NIPTは実績と精度の高いクリニックで行いましょう

◎2021/1/28

NIPT検査のスケジュール
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受けるかを相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTを受ける方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 年齢」
に関連するツイート
Twitter

まだ若いし確率的にも低いし費用もかかるけど本当にNIPTやる?って雰囲気あったけどお金がかかってもやれることはやりたい派だから押し切ったぜ✌🏻 年齢なんて関係ないし0%じゃないからね🤔

NIPT、正直年齢やNT等指摘受けてない状況で受けなくてもって思ってたんだけど、前回の妊娠時、後期になってもう検査も中絶もできない時期に染色体異常があったらどうしようって病んで頭おかしくなってたからこれからの自分の精神安定のために課金した💸 悩みすぎる人は未来の自分へ課金した方がいい🥲

年齢的にNIPTやって、ダウン症だったら堕胎するって決めてやったつもりだったけど… いざダウン症でした、 羊水検査までして確定したとしても諦められたかな…って旦那と話してた。 自信無くなっちゃうよね。 分かる病気も結局限りがあるし、健康で産まれてくる事って本当に奇跡だなー😭

出生前診断(NIPT)の結果が出た 高齢出産と言われる年齢 結果を聞くまで産まれた後の事は考えないようにしていた つわりも辛いだけで嬉しくない 悪い事ばかり考えてしまう自分 その都度たくさん涙も流して弱いママでごめんねってまた涙 結果は陰性 ホッとした

返信先:初めまして☺️フォロー返しありがとうございます💕私は今34歳で年齢的に確率がそれくらいなので、今回の妊娠ではNIPT受けました!金額が高いのがネックですが、1週間位で結果も返ってきて、陰性でひとまず安心できたので、私は受けてよかったなと🥹1/360って、高いような低いような…って悩みますよね💦